見つけても慌てず静かに

ハチ

害虫を狩る益虫です

自宅にハチの巣が作られた時は、まず、その巣を作ったハチの種類を見分ける事が大切です。それは、ハチの種類によって見つけた後の対処の方法が違ってくるためです。巣の形を良く観察して下さい。お椀を逆さまにした様な形をして、薄い茶色や灰色の巣だったらそれはアシナガバチの巣です。アシナガバチは攻撃性が弱く、庭木などに付く毛虫やイモムシなどを狩ってくれる益虫なので、アシナガバチの巣を作った場所があまり危険な場所でなかったら、駆除などをせずになるべくそのままにしてあげましょう。また、アシナガバチの巣を見つけた時期が10月位だったら駆除しなくてもすぐに居なくなります。アシナガバチは女王バチ以外は寒くなると死んでしまうからです。また、アシナガバチの巣を棒等で叩き落としても駆除は出来ていません。すぐ同じ場所に巣を作ってしまうのです。

しっかり準備をしましょう

アシナガバチの巣の駆除をする前に、次の物を用意しておきましょう。長袖長ズボン、帽子とマスクと厚手の手袋を用意してなるべく肌を露出しない様にします。出来れば防護服を用意して下さい。また、スプレー式の殺虫剤を数本用意します。ごみ袋やほうきやちりとりも用意して下さい。アシナガバチの巣の駆除は夜間に行って下さい。アシナガバチの巣に静かに近づき、巣全体に殺虫剤を吹きかけて下さい。ハチが飛び回っていたら、そのハチにも殺虫剤を吹きかけ駆除して下さい。ハチが居なくなったら巣を撤去して下さい。撤去した巣の中にまだハチが生きている事があるので20秒位殺虫剤を吹きかける様にしましょう。これでアシナガバチの巣の駆除は完了です。しかし、駆除には危険が伴うので、専門業者に依頼をして駆除してもらう事をおすすめします。

Copyright © 2017 ハクビシンの対策をしっかりしよう|被害を出さない秘訣 All Rights Reserved.