害獣被害と対応策

ハクビシン

被害が拡大しています

ハクビシンと呼ばれる動物をご存じでしょうか。ハクビシンとは、体長50〜70センチほどある小動物です。タヌキやネコに似ていて、愛くるしい目が特徴です。見た目は可愛らしい動物ですが、ハクビシンは現在、人間の住処を荒らしてしまう害獣として認知されることが広まってきています。元々は山奥に住んでいた動物ですが、森林の環境被害などが影響して最近では都会で良く見かけるようになってきました。ハクビシンが家の中に住み着くと、台所を荒らしたり、糞尿が原因で床や屋根が腐ったり、悪臭がしたりなど様々な被害がもたらされてしまいます。また夜行性のため、夜中に家の中を走ったりなどの騒音被害を受けることもあります。家の近くにハクビシンを見つけた時は、すぐに対策を取るようにしましょう。

具体的な方法

ハクビシン対策の具体的な方法としては、まずは威嚇をするということがあげられます。ハクビシンの苦手な音やにおいを出し、ここは良くない場所、ということを印象付けます。そうすることで、駆除をしなくても自然とハクビシンが逃げ出してくれる可能性が高まります。それでもダメな場合は、捕獲器などを使って対策をします。市販の捕獲器を使用したり、また専門の業者へ依頼して捕獲してもらう、という対策も有効です。また、ハクビシンの出入り口となるルートを見つけ、そこを塞ぐことも大切です。そうすることで、再発防止にもつながります。ハクビシンは可愛らしい動物ですが、正確は凶暴で危険です。穏やかな生活を守るため、家に住み着いてしまったときはこのような対応をすぐに行いましょう。

近年増加している問題

男性

近年、増加している問題に、蜂の被害というものがありますが、こうした自然災害に関しましては、公的機関に退治してもらうのが、もっとも得策でしょう。 専門業者に依頼するときは、HPで料金体系を確認しておきましょう。また、無料見積もりをお願いすることもできます。

早めの対応が重要

鼠

ネズミ駆除の方法はいくつかありますが、即効性があり安全性が高い方法として、粘着シートがあります。正しく利用することで、効果を発揮することが出来るでしょう。業者へ依頼する際には、駆除方法や費用について比較するようにしましょう。

見つけても慌てず静かに

ハチ

アシナガバチは毛虫などを狩ってくれる益虫なので、危険な場所に巣を作っていなかったらそのままにしてあげましょう。巣を駆除する前にしっかり準備をしておきましょう。アシナガバチの巣を駆除するのは夜間に行い、ハチが居なくなったら巣を撤去します。危険が伴うので、なるべく専門業者に依頼する事をおすすめします。

Copyright © 2017 ハクビシンの対策をしっかりしよう|被害を出さない秘訣 All Rights Reserved.